新潟(長岡市・三条市・新潟市)で新築・リフォームなら大恭建興。自然素材とデザインにこだわった高気密・高断熱の注文住宅をご提案いたします。
基本仕様・スペック
大恭建興HOME基本仕様・スペック > 地盤・基礎・構造

基礎構造

地盤調査と地盤改良

軟弱地盤に家を建てると、建物の自重および地震や台風などの外力によって不揃いに沈下する不同沈下の原因になります。大恭建興ではすべての物件に第三者機関による地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)を実施します。
各調査データを総合的に解析し、該当建物と地盤にとって最適な基礎仕様を判定します。この解析と判定は、地盤調査を行う会社とは別の第三者機関が行うことにより、安全性を確保した、より適切な判定ができるようにしています。
解析の結果、軟弱地盤などの不同沈下の危険性が認められた場合、基礎の補強工事や地盤改良工事を実施します。

ベタ基礎と布基礎

木造住宅の基礎にはベタ基礎と布基礎の2種類があります。「ベタ基礎のほうが圧倒的に強い!」と宣伝されてるメーカーさんが多いようですが、「本当はどちらがいいの?」と疑問に思っている方も少なくないと思います。
私たちの答えは簡単です。「地盤状況に応じて使い分ける」、それ以外の答えはありません。
ベタ基礎は、構造的にも強く、不同沈下に対して効果的で、防湿にも有効ですが、超軟弱地盤には自重で沈下する恐れがあり不適当です。対して布基礎は、工事費が安く、工事期間が短いのが特徴ですが、不同沈下に対して弱く、構造的にも不安定になってしまいます。
よって「どちらがいい」とは言えません。安全で合理的な基礎設計を行うためには、適切な地盤調査が欠かせないのです。

木構造

木造軸組工法

建築の工法には、木造軸組工法(在来工法)、2×4工法、鉄筋コンクリート(RC)工法、鉄骨(S)工法、プレハブ工法など様々な種類がありますが、大恭建興ではその中でも木造軸組工法を標準としています。木造軸組工法の特徴は、なんといっても高温多湿の日本の気候風士によく合うということ、それから構造的な制約が少ないので、間取りやデザインの自由度が高いということが挙げられます。デメリットとしては、職人による出来上がりの差が大きいことや、断熱性が低いことなどがたびたび挙げられますが、職人集団である大恭建興では、断熱性に優れた丁寧な住まいづくりを徹底して行っているため心配無用です。
また、お客様のご要望や安全性、プランニングによっては金物工法(テックワン工法)による施工も行います。金物工法は正式には木造軸組工法のカテゴリーに含まれますが、通常の木造軸組工法と比較すると、より安定度・強度が高く、施工に時間がかからないことが特徴です。ただし、柱、梁、桁には集成材を使用するため、自然素材にこだわる方には推奨できる工法とはいえません。
大恭建興では、一つの方法、一つの思想に固執せず、何事も臨機応変に、お客様のライフスタイルに合わせた住まいづくり・プランニングを心がけています。

耐力面材ダイライト

現代の家づくりでは、柱と強い「壁」を組み合せて家全体を支えます。家の強さは「壁」の強さにかかっているといっても過言ではありません。
大恭建興では木造軸組工法に耐力面材ダイライトを組み合わせることにより壁倍率を高めています。外周面すべてにダイライトを打ちつけ、モノコックに近い構造とします。腰壁や垂れ壁にも張ることで準耐力壁となり、耐震性に余力が生まれます。さらに筋交いを併用し、偏芯バランスもとることによって地震に強い家になるわけです。
また、このダイライトは、耐震性はもちろん、気密性・透湿性・防火性にも優れているのも大きな特長です。柱や土台の腐れの原因になる壁内部の湿気をうまく外部に放出すれば家は長持ちするのです。
PAGE TOP
Copyright © DAIKYO KENKO. All Rights Reserved.