新潟(長岡市・三条市・新潟市)で新築・リフォームなら大恭建興。自然素材とデザインにこだわった高気密・高断熱の注文住宅をご提案いたします。
コンセプト
大恭建興HOMEコンセプト > 本物の高気密・高断熱

本物の高気密・高断熱

快適な住まいとは、部屋の中が適温に保たれている家のことだと考えます。暑い夏でも室温が上がりすぎず、寒い冬でも足元が冷たくならない。正しく断熱して、気密性能を高め、計画換気を行えば、快適な住まいは実現できます。
大恭建興の家には、そのための工夫がたくさん詰まっています。快適で高耐久な住宅を実現するためには、「高気密」「高断熱」「計画換気」が必要不可欠。住宅の温熱環境と空気環境を長きにわたって守ります。

本当の意味での高気密・高断熱仕様というのは、数値化できなければなりません。大恭建興では、断熱性の指標であるQ値(熱損失係数)・UA値(外皮平均熱貫流率)の計算、そして気密性の指標であるC値(隙間相当面積)測定を全棟実施しています。今の時代、「高気密・高断熱」はどの住宅会社も謳っていますし、「どこも同じではないか?」と思われるかもしれませんが、根拠のない「高気密・高断熱」は信用できません。お客様の住まいの断熱性能・気密性能・換気性能を数値化することで、はじめてお客様の望んでいる住まいが一般住宅と比較してどの位置にいるのかがわかります。
大恭建興は、「暖かい家になるから安心してください」なんて曖昧なことは言いません。徹底した「熱量計算」「気密測定」「換気計算」をして、安心した住宅に住んでいただきたいという思いで取り組んでいます。

Q値・UA値計算

Q値(熱損失係数)・UA値(外皮平均熱貫流率)は、住まいの熱が外にどれだけ逃げるかを表した数値になります。
熱はどこから逃げていくのでしょうか?窓(サッシ)・床・壁・天井・玄関…このようなところから基本的に熱は逃げていきます。あとは、「断熱材の種類」「断熱材の厚み」「断熱材の使用箇所」を的確に決めていく必要があります。そして、正しい施工をして熱が逃げないようにしなければなりません。ちゃんと勉強をした大工さんでなければ、ここまでの工事はできません。断熱工事を怠ると、「結露」の発生要素が増えるので 注意が必要です。熱量計算は、夏季と冬季に分けて行いますが、断熱だけでは住まいの環境は良くなっても省エネ住宅にはなりきれません。そこで重要になってくる項目がC値です。

気密測定(C値)

C値(隙間相当面積)とは、「住まいの隙間の面積」を表した数値のことを言います。床に手を当ててみたら冷たい風を感じた…なんてことありませんか?家全体にこのような隙間がどれだけあるかを示した数値がC値になります。
今の住宅会社はみんな「高気密化をしているから大丈夫!」なんて思わないでください。気密ができているかどうかは、「気密測定」をしなければわかりません。この気密測定をしている会社がどれだけあるのか?残念ながら少ないのが現状です。省エネの時代になり、断熱材の意識は上がっていますが、気密性能を怠るとせっかく暖めた熱は隙間から外に逃げてしまいます。断熱材だけ厚くしても意味がありません。
大恭建興では、C値1.0以下の高気密住宅を全棟保証しています。自社大工・専属大工による施工なので安定した品質を維持できるのです。
PAGE TOP
Copyright © DAIKYO KENKO. All Rights Reserved.